半月板損傷というのは膝の怪我、膝関節の内側と外側にそれぞれ内側半月、外側半月があり、これが損傷すると膝の曲げ伸ばしの際に痛みが出ます。

原因は加齢が原因となる場合、スポーツなどの怪我が原因の場合があります。

スポーツが原因の場合は、体重がかかった状態のひねりや衝撃によって半月だけが損傷する場合と前十字靱帯損傷などと同時に起るものがあります。

加齢が原因となる場合は、ちょっとした外傷でも半月板損傷を起こしやすくなります。

原因がいろいろあり、損傷のタイプも様々です。

損傷の形態により変性断裂、水平断裂、縦断裂、横断裂に分類され、損傷の状態によって、さらに重大な結果を引き起こす可能性もあります。

診断はレントゲンでは十分なものが出来ず、MRI検査が普通です。

抗炎症薬の処方など保存的治療で症状が改善する場合以外は、手術を行うことが多いのですが、手術をしても元の運動機能を回復出来ない場合もあるので、膝関節まわりの筋肉の緊張をとり、半月板への負荷を軽くする事で症状を緩和させる方法をとる場合もあります。

湿布をして炎症を抑えたり、すぐに手術ということはありませんが、手術のリスクもあるので、セカンドオピニオンなども必要となります。

最新記事ランキング

サイドメニュー